家をリフォームするメリットとデメリット紹介します!

リフォームは住まいの一部分を工事し、新しい機能を付けたり住みやすさをアップさせたりすることを言います。昨今では家全体の工事を行うリノベーションを行う住宅も増えていますが、規模や内容からリフォームとリノベーションは明白に区別されます。

リフォームを行う際にはそのメリットとデメリットを知ることが重要となります。リフォームの大きなメリットとなっているのが住みながら工事を行えるということです。基本的には一部のみの工事になるので、仮住まいや引越し先を用意する必要がありません。それでありながら工事を行った部分については新築に近い仕上がりになります。また、老朽化を改善する上でもリフォームは非常に有効な手段と言えるでしょう。

お風呂、屋根、トイレなどはよく工事の対象となります。近年ではバリアフリーを実現するためにリフォームを行うケースも増えています。家族内に高齢者がいる場合はその必要性が高いと言えるでしょう。建て替えやリノベーションに比べると工事の規模が小さいので、予算も安い点や工事期間が短いこともメリットです。工事期間が短いのでそれほど不便を感じないという方も少なくありません。いずれにしてもコンパクトな工事で完了できる場合にはリノベーションではなく、予算も安いリフォームが選択されます。

リフォームにはいくつものメリットがありますが、デメリットもあることには注意が必要となります。それは費用が高くなる場合もあることです。規模の小さい工事であれば費用が高くなりにくいですが、お風呂などに多機能を追加する場合などには費用が高くなる場合もあります。事前に見積もりを出してもらうことにより、予算的な準備をすることが可能です。予算が安いか高いかについては工事内容だけでなく、施工業者によっても変わることがあります。費用が高くなる場合もあることには留意しておきましょう。

間取り間取りが自由にならない点もデメリットです。リフォームで行われる工事は規模が小さめなので、間取りを自由に変えることは出来ません。その結果、実施出来ない工事も存在します。間取りが自由にならないということは部屋を増やすことが事実上出来ないということでもあるので、注意しておきましょう。家全体の強度に関しても気を付けておくべきことがあります。工事を行うと実施した部分はまるで新築のようになりますが、家全体の強度を上げることにはなりません。家全体の強度を上げたい場合には大規模な建て替えやリノベーションなどの選択をする必要があります。

関連記事